他の動物のペット火葬(葬儀)について

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]他の動物のペット火葬(葬儀)について

犬や猫以外でも大切に飼っていたペットが亡くなったらとても悲しいことです。
きちんとした形でお別れをされたいと思う方もたくさんいらっしゃいます。
犬&猫以外の動物とのお別れ法はどのようなものがあるのか、様々な動物の葬儀方法も知りたい方にいくつかの動物の動議の方法をご紹介します。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]犬や猫以外でも火葬が可能

動物が亡くなった時も、火葬をして埋葬するのが良いです。
基本的にどの業態も、ペットとして飼われている動物なら火葬は執り行えます。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]どんな動物にもいつかは必ず死は訪れます。

近年、ペットの多様化が進んでおり、犬や猫以外にもさまざまな動物が人間と生活を共にしています。
どんな動物にもいつかは必ず死は訪れますので、その時がきたら飼い主はペットを看取り、供養する必要があります。
特にハムスターなら約3年、モルモット約6年と、犬や猫よりも平均寿命が短めです。
それらのペットを飼う場合は、飼い主様も死は身近なものであると認識し、早いうちから、
お見送りについて考える必要があると思います。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]小動物は庭に埋めれれば火葬しなくてもいい?

小動物の場合は、「自宅の庭に埋めれて火葬はしなくてもいいのでは?」という意見があります。
しかし、マンションの様な集合住宅だと庭がなかったり、感染症の心配があったり、猫などが掘り起こす可能性があるため、
やはりペットの葬儀社や霊園、移動火葬車、自治体のいずれかの火葬施設で火葬してもらうのが良いでしょう。
基本的にこれらの火葬施設ではハムスターやウサギ、インコやカナリアなどの小鳥をはじめ、ヘビやカメなどの
爬虫類、金魚や熱帯魚も受け付けてくれるところが多いようです。
ただし、体のサイズが小さい動物は個別火葬をしても、お骨がきれいに残らない可能性があることは理解しておきましょう。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]こんな動物&昆虫の時はどうする?

小動物

爬虫類

昆虫

魚類

最近では昆虫の火葬を行ってくれる業者もいます。
小動物、爬虫類&両生類、魚類は基本的に火葬してもらえます。
カブトムシなどの昆虫に関しては葬儀社やペット霊園によって受け付け可能なところも。
ただし、昆虫は骨が残らないので、返骨はできません。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]火葬ができない動物もいます

家畜動物は衛生的な問題で火葬を執り行うことはできません。
ブタやニワトリ、ヤギ、ウシなど、家畜とされる動物は、死後の扱いにも関係する法律「家畜伝染病予防法」から、
民間のペットの葬儀社や霊園などでは受け付けられません。たとえ、
ペットとして飼っていた場合でも多くの場合が同じ。
サルも人間に伝染する病気を持つ可能性が高いため、断られるケースが高めです。
これらの場合は都道府県知事の許可がおりた「死亡警取扱場」に相談しましょう。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]最近人気の昆虫葬儀

昆虫葬儀というのがあるのご存知でしょうか?
驚きの声が聞こえてきそうですが、実際に行っている業者はあります。
昆虫を大切に飼っていた子どもからの依頼が多いようです。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]昆虫の合同火葬は返骨無しが通例

大切な命という意味では、昆虫も他のペットと同じです。
昔なら庭や公園に埋めるのもは容易でしたが、今ではそうもいきません。
そんな背景あkら生まれたのがペットの葬儀社や霊園による「昆虫葬儀」です。
実際に利用数人も増えているようですが、主にカブトムシ、クワガタムシ、トンボ、バッタ、チョウ、カマキリなどが該当します。
業者によっては、火葬後に他のペットと一緒に法要してくれたり、埋葬証明書を発行してくれます。
昆虫は骨が残らない為、返骨はありません。

トップに戻る