供養について

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]供養について

ペットも人間と同じように納骨したら終わりというわけではありません。
大切なペットが安らかに眠矼とができるように、しっかりと供養してあげることも大切です。
納骨法によってお参りやお供えもさまざまですので、ここでは納骨法別に行いたい供養の仕方を紹介します

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]日々の供養やお盆やお彼岸、命日法要も

どんな形で納骨するかにせよ、ペットの供養はぜひとも定期的に行いたいと思っている方もいらっしゃると思います。
宗教によって様々で違いがありますが、仏式であれば、自宅に安置、お墓に埋葬、納骨堂に安置のいずれにしても、
花や好きな食べ物や水を供えたり、線香をたくといった供養が一般的となっております。
スタッフが定期的に園内&施設内の掃除をするなど、きちんと管理してくれるペット霊園や納骨堂の施設はあります。
しかし、契約している墓地や納骨堂のスペース内に花を飾ったりするのは個人に任されるのが通常ですので、
共同墓地の場合はスタッフが花や線香をあげてくれていますが、供養は誰でも行うことができます。
霊園や納骨堂に頻繁に出向けない人は、食べ物を供えるも、後日片づけに行けない場合等があると思いますので、
そのような時にスタッフに処理をお願いできる霊園もあります。どうしてもというときにスタッフの手を借りることができるのがメリットです。
ペット霊園や納骨堂などはお盆やお彼岸、命日の年忌法要など、さまざまな慰霊祭を開催しています。
僧侶による読経などがあったり、卒塔婆を立てて供養できます。
ちなみにキリスト教向けにクリスマス慰霊祭を行うペット葬儀社があるなど、供養のスタイルも多彩になっています。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]納骨法別の供養

基本的に供養の方法は同じですが、実際に供養をされている方はどんなふうに供養しているかし気になるところ。
3つの納骨法別にそれぞれの供養を見てみましょう。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]自宅に置いている場合

仏壇を用意すれば本格的な供養がかなう方法。
骨壺を自宅の棚などに安置するのが一般的。
そこにペットの写真や花を供えます。おりんや供物皿、水入れ、線香皿、ロウソク立て、花立てなどの供養セット、さらに本格的に供養したけ
れば、ペット用の仏壇を用意しましょう。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]納骨堂に安置している場合

手ぶらで行っても手軽に供養ができる方法
納骨堂には骨壺を安置しているので、写真や花、思い出の品などを飾ります。
訪れた際には線香をたきます。施設の多くが線香やおりんなどを用意しているので、手ぶらで立ち寄って供養することが可能です。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]お墓に入れている場合

個別墓地の供養は人間のお墓と同じように。
個別墓地の場合、自分で掃除をしたり、花や線香をたいて供養を。遠方でなかなか来られない、夏場で生花がすぐ枯れてしまう場合は、
造花を飾るという手も。好きな食べ物を供えるのもOKです。

トップに戻る