ペットが亡くなったら

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]ペットが亡くなったら

愛されてきたペット達の別れは非常に辛いものです。
最後だからこそ勤めなければならない役目が飼い主には残されています。
大切な家族が安らかに眠れるよう別れのセレモニーを執り行ってください。
「ペットセレモニー忘れな草」ではペットのもしもの時、
少しでも安らかな状態で保つために正しく安置方をご紹介しております。
火葬を迎えるまでの間は自宅での安置が一般的でので、
以下の内容を参考に正しく安置していただければと考えております。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]正しい安置方法について

ペットが亡くなり、火葬を依頼しても、少しの間ご自宅で安置をする必要があります。
いざというときに困らないよう、正しい安置方法をご紹介します。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]1、前·後肢を折り曲げた後、濡れたガーゼなどで清める

ビニールシートやペットシート、新聞紙などの上に遺体を置き、
前·後肢を胸のほうに優しく折りたたみます。
お湯で濡らしたガーゼやタオルで顔や頭部、体を丁寧にふき、
ブラシで毛並みを整えてあげましょう。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]2、箱や棺に遺体を納めて腐敗しないように冷やす

バスタオルやブランケットで包み、箱や棺に納めます。
箱や棺にはビニールシートやペットシート、新聞紙などを敷き、
その上に保冷剤やドライアイスを並べて。
お腹や頭も保冷剤で冷やしましょう。
保冷剤やドライアイスはガーゼなどで包むか、ビニール袋に入れれば、
溶けて水っぽくなるのを回避できます。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]3、花を飾って線香などを供える

安置後、供養も忘れずに。生花を飾り、水や好きな食べ物などを供えましょう。
ちなみに亡くなった後は線香をたいたり、ロウソクを立てましょう。
できれば、家族は一晩見守ってあげてください。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草][こんな時、どうしたらいい?]

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]Case1 目が開いたままの状態になっている

目が開いたままや、口が開いたままの状態で舌が出ることがあります。
その様な時は、ご主人の手で優しく目や口を閉じ、舌は口の中に戻してあげましょう。
うまく聞かない場合は布などを巻いて固定をする対応でも良いと思います。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]Case2 出血や排泄物体液が出てきてしまう

亡くなってから出血や排 泄物、体液が出るのは動物の自然な現象ですので仕方がないものです。
時間とともに落ち着くきますので慌てずに対応してください。
出ている最中はコットンを詰めてあげて、必要に応じて交換をしてあげると良いでしょう。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]Case3 大型犬で重くて運べない時は

2~4人で持ち上げて箱や棺に納めてあげましょう。
その際はシーツや毛布の上に乗せてあげると良いでしょう。
ちょうど良いサイズの箱や棺がなければ、シーツや毛布の上に安置しても大丈夫です。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草][安置に関する豆知識]

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草]硬直前に「前·後肢」を折り曲げる、腐敗防止に冷やすのが重要

ペットの「もしもの時」葬儀や火葬はプロの業者にお願いできるのでお任せでも良いかもしれませんが、
当日までの安置は飼い主自らが迅速に行う必要がございます。
何故なら、ペットは亡くなってからおよそ2~3時間で死後硬直が始まってしまいます。

硬直の順番は、まずは手足から腹部といった部位から始まり、最後に頭部といった流れで広がっていきます。

遺体をそのままの状態で放置してしまうと、前·後肢がつっぱった状態のまま硬直してしまいますので、
最終的に火葬を行う際に棺や箱に納まらなくなって困ってしまうケースもあります。

ですので、ペットが亡くなったら早い段階で前·後肢を胸のほうに優しく折り曲げてあげてください。

それと、腐敗させないため、保冷剤などで体を冷やしてあげてください。
夏場であれば肌寒いくらい冷房の効いた部屋に置いて、夏場は1~2日、冬場でも2~3日に留めておくのが良いと思います。

ちなみに安置を正しく行うためにそろえたいアイテムがあります。
遺体を納める空き箱や棺、遺体の下に敷くビニールシートやペットシート、
遺体を包むバスタオルや毛布、腐敗防止のための保冷剤やドライアイスです。
遺体のお清めや供養のアイテムも準備できれば完璧です。亡くなった直後は気持ちが動揺したり、
火葬の手配で忙しいので、可能なら事前にそろえておくのがいいでしょう。

茨城県(水戸•つくば•土浦)の訪問ペット火葬[忘れな草][準備すると良いアイテム]

ガーゼまたはタオル
お湯で濡らしてから、顔や頭部、体の汚れ、
さらには口や肛門から出てくる排泄物や体液のふきとりに。

ビニールシートやペットシート、新聞紙
箱や棺の底に敷いたり、お清めの際に敷いて。
遺体から排泄物や体液が出ることがあるので、防水や吸水性のあるものが安心。

箱または棺
ダンボールなどの丈夫な箱や棺,棺は厚手の紙製や木製が主流。
サイズはペットより-回忕きいものを。

コットン
口や鼻、肛門から出てきた体液をふくのに便利です。
また、体液が流れ出ないように詰め物としても使用します。

保冷剤またはドライアイス
遺体の腐敗を防ぐため、保冷剤またはドライアイスを。
どちらもガーゼやタオルで包むと◎ビニール袋に入れた氷でも。

バスタオル
箱や棺に納める際に遺体を包む用に使います。
バスタオルの他、ミニサイズのブランケットなどでもOK

線香
安置した後、線香をたいて供養。人間用の線香でも問題なし。
線香と一緒に線香立てや香炉も準備を。


遺体の安置が終わった後に供える水。
愛用していた水入れにれた水か、500mlのペットボトルタイプを用意して。

ブラシ
遺体のお清め時に使用。専用ブラシで毛並みやしっぽなどを丁寧に整えてあげます。
普段、ペットが使っていたものでいいでしょう。

ロウソク
線香に火をつけるときや火を灯しておく用にあると重宝。
ロウソク立ても一緒に準備するといいでしょう。

生花
箱や棺の中に入れたり、外に供える用に。仏花にこだわらず、
ペットのイメージに創たもの、お気に入りのものでも。

トップに戻る